ストローアート作品事例

先週中ごろ、やっと桜が満開になったと思ったら、週末の春の嵐と、今週の連日の強風で、もはやもう少しで葉桜、という感じです。

 

そこで今日は、ストローアートをご紹介します。

以前もご紹介したことがある、姫路の吉野様の作品です。

 

ryuu2.JPG

 

 

himawari.JPG

 

 

100円玉と比べると、あさがおの花は実物はとても小さいんでしょうね。

また、ひまわりのはっぱには、葉脈までちゃんとあるんです。

 

手の込んだ作品ありがとうございました。

今日紹介するのは、姫路市の吉野様の作品です。

100円玉と比較してみてください!なんて細かい手仕事なんでしょう。

 

 

fiower.JPG

 

「花」です。なんと、花瓶や花鉢もストローでできているそうです。

ふつうストローの肉厚は、0.16㎜ほどしかないのですが、もっと厚みのあるような質感を感じますね。

ワイヤーも使用して独自の方法で表現されているとのことです。

 

 

yokuryu.JPG

 

「翼龍」です。

ストロー工房のシルバーメタリックな質感と龍がマッチしていますよね。

飛び立とうとしているのか、何かを窺っているのか・・・。

 

以前紹介した石本様のドラゴンとは、また違ってそれぞれ個性をお持ちです。

何よりも、細かいですよね!髭のあたりの切込みとか。

 

どうもありがとうございました。

まだまだ作品お待ちしています。

 

 

先日もご紹介した、KOMADE工房、石本様の作品、ドラゴンVol.2です。

 

とてもダイナミックですので、Ф6mmのストローで作っているように見えません。

アゲアゲの勢いがあっていいですね。なんだか今の日本、ザワザワ、ジメジメしているので、日本中のパワースポットに、このドラゴンを飾ってお払いをしたい気がします。

 

doragon2.jpg

ストローアートとは少し違うのですが、今日は京都の岡西孝夫様が作ったあめ細工をご紹介いたします。

あめの持ち手に使われているのが、当ストロー工房のストローです。数年前に、岡西様にお作りしたのですが、今回再度ご注文ということで、前回のストローと、あめ細工を送ってくださいました。

岡西様のホームページを拝見すると、「還暦すぎてのあめ細工挑戦」ということでした。かなり苦労して、研究して、下のようなあめ細工が完成したそうです。

 

小さな子供たちがとても喜びそうなあめ細工の数々。もうひとつパンダもあったのですが、残念ながら、到着したときは、顔の部分がはそんしていて、修復を試みたのですが、私の不器用さが災いして、お披露目できませんでした・・・。

 

このような細工のものを作ったり、ストローでアート作品を作ったり、日本人って、本当に細かい仕事をされる方が多くて、感性も細やかなものを持っているのだと、つくづく感じます。

 

これからもお元気で!ずっとあめ細工を作り続けていってほしいと思います。

 

ame2.JPG

 

 

ame3.JPG

今日ご紹介するのは、KOMADE工房 TAO様の作品です。

 

先日、ストロー工房のФ6×210ミリのカラーバリエーションをお届けしたら、早速、龍の作品の画像を送っていただきました。

TAO様の作品は、とても力強くて、いろんな動物や昆虫を作っておられますが、生き生きして、動き出してしまうのではないかと思います。

 

doragon.jpg

 

ちなみにTAO様は、ストローアートを生業としていて、いうなれば、プロのストローアーティストという方です。

う~ん、やっぱり、はさみの入れ具合が、「プロの技」という印象です。

 

興味をもたれた方は、ホームページを覗いてみてください。

  http://ストローアート.com/

 

新しい作品が出来上がったら、また画像を送ってくださるそうです。ご紹介しますね。お楽しみに!

今回ご紹介するのは、池田 翠様のストローアート作品です。

池田様はストロー工房の、Ф6×210のカラーバリエーションに興味をもたれてお問い合わせいただきました。残念ながら、今日ご紹介すのは、ストロー工房のストローを使用した作品ではありません。

でも、とてもイマジネーションをかきたてるような作品なので、ご紹介します。

polygonal1s.jpg

polygonal2s.jpg

polygonal5s.jpg

ストローで作られた作品とはとても思えないですね。

興味をもたれた方は、池田様のホームページにアクセスしてみてください。ストローだけでなく、他の素材を使った作品もありますが、あえて、イマジネーションしてもらうため、素材を明かさないそうです。

http://www.midoriikeda.com

本日ご紹介するのは、ストローアートとは違いますが、いつもホームページなどでお世話になっている(有)ミト・ワークスの大塚様からお寄せいただいた動画です。

この動画は、岡山プライマリ・ケア学会が「ICF(国際生活機能分類)の考え方」と「地域連携パス岡山」の利用促進の説明のために製作しました。

この中にストロー工房の黒のストローも登場しますよ。超脇役ですが。

 

「ICFてなあに」

http://www.youtube.com/watch?gl=JP&v=Bp-q4WJfmts

 

東京都昭島市にある介護老人保健施設「アゼリア」様から画像届きました。

作品の前に作業風景をご覧ください。

 

seisaku.JPG

 

なんだか、色えんぴつやはさみなど、小道具をたくさん用意して真剣に作業されていますね。、

「テーマはどなたが決めるのですか」と質問しましたら、「職員が決める場合もありますが、これを作りたいという希望があれば、それを聞いて準備もします。」とのことでした。

手先も右脳も使って、これは脳トレにかなり良さそうです!

 

 

kadomatu.JPG

「門松」 今年のお正月明けに作られたものです。

 

ume.JPG

「梅」

 

sumire.JPG

「すみれ」

 

budou.JPG

「ぶどう」

数々の力作ありがとうございました。どれも色合いが明るくて、気持ちも明るくなるような作品に仕上がっていますね。それをお手伝いしているストロー工房のカラーバリエーションもなかなかですね!

これからもがんばってください!

佐賀県にある嬉野市立塩田中学校からの新着画像をご紹介します。

平成22年度の製作された「龍馬伝」

 

ryouma.sio.JPG

 

下絵は写真をパソコンに取り込んで、計算しているのでしょうか?

龍馬さんも福山さんもとてもよく似ています。

 

 

nadesiko.sio.JPG

 

なでしこジャパンと被災地の児童の笑顔をモチーフとした、「希望の光」

まさに平成23年度にふさわしい題材です。

緻密に準備して指導されている先生方と、みんなで力をあわせてひとつの作品を制作していく生徒さんたち。

そういう姿がにじみ出ている作品です。ありがとうございました。

2009年にお寄せいただいた、佐賀県にある嬉野市立塩田中学校の当時の1年生の生徒さんたちによる作品です。

文化発表会に展示するために製作された作品だそうです。

 

製作の過程はといいますと、

1.ストローを5mmの長さに切る(手作業で)

2.すずらんテープに、決められた色の順番に1つずつ通していく

3.テープを木枠に固定する

 

 

iruka.sio.JPG

 

塩田中学校さんにも、ストロー工房のФ6×210mmのカラーバリエーションの中からお届けしています。

それを5mmにカットするところから、かなり細かい作業になるかと思います。

担任の高園先生から、「子どもたちは一心不乱に、且つ丁寧に作業に取り組みました。」とのコメントをいただいていますが、その通りだと想像できます。

ありがとうございました。

 

アーカイブ

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31